親から相続した実家を兄弟姉妹等で共有している、離婚した前の配偶者と自宅を共有しているなどの場合には、自分の考えだけでは家を売却することはできません。
不動産を何人かで共同所有している場合には、それを共同不動産と呼んでいますが、単独で所有している不動産を売却するよりも、様々な手続きが必要となります。
共有不動産売却には様々な方法があるものの、どの方法も簡単にできることではありません。
みんなが納得して売却するためにも、終わった後にトラブルを起こさないようにするためにも、共有不動産売却に関する知識をしっかりと高めておくことが求められます。

共有不動産を共同所有者全員で売却する


共有不動産は複数の人が共同所有している状態であり、つまりは共有名義ということになります。
名義人全員が不動産について持っている所有権の割合のことを共有持ち分と呼んでいますが、問題が発生しやすいのは離婚や相続の際と言えるでしょう。
不動産を共同所有していたとしても、有効的に活用する事は難しくなります。
共有不動産は共有持ち分を持つ人全員の合意がなければできないことが多いことがその理由です。
賃貸に出したいと思っても、また不動産を担保に入れてお金を借りたいと思っても、全て共同所有者の同意が必要になってしまうのです。
このような不便な状態を解消するためには、共有不動産売却が一番有効な方法と言えるでしょう。

まずは共有者を説得することから始めなければなりません。
共有不動産でも全員が売却に納得していれば、全員が売主になって売却を進めていくことができるのです。
この場合には不動産会社と媒介契約を結んだり、買主と売買契約を結ぶなど、手続きは全て所有者全員が当事者になるのです。
場合によっては高齢であったり遠方に住んでいて契約書にサイン等がしにくいこともあるかもしれませんが、このような場合でも他の人に委任して契約を進めていくことができます。

持ち分を自分が買い取れば自分で不動産売却ができる

1つの具体例を挙げて、離婚した元配偶者等のように、共有持ち分を持っている人に対して不動産を売却したいと言っても、必ずしも納得してもらえるわけではありません。
このような場合の対策の1つとして有効なものが、共有者の持ち分を自分が買い取って、不動産の持ち分を1人にまとめて単独所有にしてから売る方法が挙げられます。
不動産を共同所有していると、それぞれの所有者は共有持ち分という割合の権利を持っているのが実情です。
もしも不動産の10分の3の権利を持っている場合には、不動産全体の30%が自分の権利です。
共有持ち分自体は独立した権利であることから売買が可能になっています。

他の共同所有者が自分の持ち分を相場より高めに買ってくれる場合には合意すると言ってくるケースもあることから、自分が納得できる範囲なのであればお金を支払い持ち分を買い取ることも可能です。
全員分の持ち分を買い取ることさえできれば、不動産は全て自分の単独所有となって、自由に売却をしたりすることもできるのです。
しかし不動産を大人数で共同所有しているのであれば、全員分の持ち分を買い取るなければなりません。
このような場合には一人ひとりを説得したり、一人一人と売買契約を結ぶ、支払いを行うなど、手続きに時間も手間も必要であるため根気のいる作業となります。

反対に共有持ち分を買い取ってもらう方法もある


自分がすべての持ち分を買い取って単独所有にしたいと思っても、中には譲りたくないという人がいて進まないケースもあります。
このような場合には、反対に自分の持っている分を相手に買い取ってもらう方法も1つの選択肢として考えられます。
共有持ち分はそれぞれが独立した権利であることから、自分の持っている分も独立した売買の対象です。
まずは自分の分の買取を持ちかけた上で、もしもその時に断られてしまった場合には、反対に自分の持ち分を買い取りをほしいと提案してみましょう。

不動産を買い取ると自分だけの所有物になるため、賃貸として活用することができるようになったり、収益を上げられるなど、これまでよりもお得になるなどのメリットを相手に伝えてみると良いでしょう。
共有者に買取を求めたいのであれば、共有持ち分を持つ人の中でも1番買い取ってくれそうな人を選び話を持ちかけるのが良い方法です。
持ち分割合が多い人であれば、比較的買取に応じてくれやすいでしょう。
持ち分の多い人はさらに自分の持ち分を増やすことができれば、不動産を1人で所有することに近づくのが理由です。
うまく説得することができるのか、自分自身の話術も求められることでしょう。

まとめ

このように共有不動産を売却する方法は様々であることがわかりましたが、自分自身の持ち分だけを売却することも可能ですが、不動産全体を売却した時と比べるとかなり安くしか得ることができないのが実情です。
できる限り共同所有者全員で売却をするのが一番良い方法です。
自分の持ち分だけを売却してしまった場合には、後々揉める可能性も高なるでしょう。
他の所有者と売却した後も付き合いが長く続いていくようであれば、必要ならば相談を持ちかけながら、自分自身の持ち分の売却を進めていくのが望ましいです。
査定だけであれば無料で依頼することができるので、実際の金額を出してみることも1つの手段です。