共有不動産の売却の難しさ

共有不動産はコスト面でのメリットがありますが、トラブルになりやすいので注意が必要です。
もっとも多くの問題が発生するのが共有者との関係の悪化です。
共有不動産は売却に権利者全員の同意がなければいけません。
同じ考えを持っていればいいのですが、何らかの理由で敵対してしまった場合、同意を取ることが難しくなります。
わざと同意しないなんてことも考えられます。
そうなると自分の持分だけを売却するしかありませんが、不動産でも土地だけが許されていて、マンションなどの建物では分割した状態での売却は不可能です。
また、土地でも部分的な売却は、かなり低い金額で買い取られることになるので、どうしても手放したい場合にのみ利用できる方法です。
このように自分の共有不動産だけを売却するのは不可能に近いぐらい難しいと言えます。
お互いの関係を良好に保つ努力をするか、できるだけ早いうちに単独名義にしておくことが重要です。

共有不動産は権利者に売却が確実


共有不動産を売却する方法で、最も確実で安全なのが権利者に買い取ってもらうことです。
二人だけであれば、相手が単独保有となり、利用も売却も自由に行うことができます。
相手側が費用の面が問題なければ最も確実な売却方法です。
共有不動産であることは相手も同じ状況であり、同じ悩みを抱えている可能性があります。
それを解消するためにお互いにメリットがある方法を提案すると、話がまとまりやすいかもしれません。
複数の共有者がいる場合は、最も割合が多い人に話を持ちかけるといいでしょう。
他に希望者がいれば別ですが、最も単独所有に近い人に売却した方がトラブルが少なくて済みます。
相手が買い取るだけの費用を持っていない場合は、放棄という方法も考えられます。
買取のための費用が必要ないため、金銭的な問題は発生しにくいかもしれません。
それでも権利を得た人は贈与税を納めなければいけないことを忘れないようにしましょう。

まとめ

共有不動産のトラブルは多くの場所で発生しています。
自分は大丈夫と思っていたのに、もめてしまったということも少なくありません。
そうならないためにも早いうちに解消しておくことが重要です。
確実な方法である権利者への売却から考えて、それでもダメな場合は強硬手段になる恐れがります。
どの方法も相手に与える影響は大きくなりますが、できるだけ両者が納得のいく手段で解決した方がいいでしょう。
しっかり話し合いができる関係を心がけることが重要です。