贈与で共有名義を自分だけの名義にできる

共有名義の不動産は権利者が複数人いることで、単独名義の不動産よりも使いにくいです。
不動産を賃貸で利用したいような場合も、他の権利者が納得しなければそのようなことを開始することはできません。
不動産を売却したいと考えている場合も、基本的に全ての権利者が同意することがなければ、建物や土地を全て売却するようなことはできないです。
そのため使い道などで悩んでしまうようなこともあるかもしれませんが、そのような悩みを抱えている場合は共有名義の不動産を自分だけの名義にしたいと考えるかもしれません。
当然ながらそのような方法は用意されており、他の権利者から贈与してもらう形で共有名義の不動産を単独名義にして売却していくことが可能です。
不動産の価値などによっても違いはありますが、贈与を受ける場合は税金を負担することになるので、その点を事前に理解しておかないと結果的に大きな損失が発生してしまうようなこともあるかもしれません。

他の権利者から購入するのが一般的


共有名義の不動産を単独名義にしたい場合は、他の権利者から共有持分を手に入れないといけないです。
贈与もレアケースとしてはありますが、大抵の場合は無料で共有持分を渡すような人は少ないので、売買で手に入れることが多いと考えられます。
共有持分を所有している権利者に対して交渉をしながら、お互いに納得する金額で購入することが一般的な流れになってくるはずです。
当然ながら共有持分を所有している人間も損をしたくないと考えていますから、ある程度はメリットのある金額を提示することができないと、売買が成立するようなことはないかもしれません。
その点は共有名義の権利者同士で話し合っていくことが大切になりますし、どちらかが大きく得をするような状態になってしまうと、トラブルになってしまうこともありますから、しっかりと計画的に行動しなければいけないです。
売買であっても税金が発生することになるので、その点もしっかりと事前にチェックしておくのが大切になります。結果的に単独名義にすることができれば、普通に不動産売却できるので、有利に不動産を現金化できるはずです。

まとめ

共有名義の不動産を単独名義にしてから売却したいと考えているのであれば、最初に贈与か売買によって共有持分を手に入れなければいけないです。
この点は当事者によって違いがありますし、贈与や売買であっても税金が発生することがありますから、あらかじめ理解しておかなければいけません。
基本的に共有名義の権利者が多くなると、単独名義にする難易度も上がっていきますから、その点を理解して行動していくのが大切なポイントになるはずです。