共有不動産は複雑だが持分だけなら売却も簡単

共有不動産は普通の不動産と異なって複数の所有者が存在する状態になりますから、簡単な話ですが権利者も複数いることになります。
共有不動産は売却をするときに他の人から賛成をもらわないといけませんから、最初に話を聞いておくのが大切です。
権利者が複数にいることで問題が増えていくようなこともありますから、基本的には簡単に売却できないことも珍しくありません。

共有不動産には複雑なケースがたくさんあり、権利者が誰なのか把握できるのは簡単なケースで、複雑なパターンは誰が他にいるのか分からないパターンになります。
そのような状態になると基本的に共有不動産は売却をすることができないのですが、それにはルールが影響しているのです。

基本的にどのような人物でも共有不動産の権利者には権利がありますから、誰か分からないような人や連絡を取れない人でもその人に無断で売却できない決まりになっています。
ただ共有持分だけであれば、簡単に売ることができるので、実はスムーズに問題を解決することは可能です。

基本は業者に売却する


共有不動産は権利者が同じ意見を持たないといけませんが、共有持分だけなら自由に第三者に売却をすることができます。
第三者は基本的に業者になりますから、専門の業者を探さないといけないです。
共有不動産の買取などをしている業者をインターネットなどで検索すれば、簡単に見つけることができますから、実際にサービスを利用するのは難しくありません。

業者に第三者として共有持分を売却するときに、他の権利者に報告しなくても大丈夫なのか不安に感じるかもしれませんが、基本的に第三者に持分だけを売却する場合は、誰にも報告をする必要はありませんから、他の権利者に知られずに持分を手放すことができます。

兄弟などで今後も付き合いがあるような場合は、各自の判断で報告をしておいても問題はないです。
ただ報告をして相手から売却をしないように言われても、その指示に従うような義務はありませんから、そのまま第三者である業者に売却してしまえば問題ありません。

まとめ

共有不動産を売却するようなときは、権利者の意見が一致しないといけませんが、共有持分だけを売却する場合は第三者に独断で売ることが可能です。
共有持分を売却するときは、誰にも報告をするような義務はありませんから、ある程度の期間は売却をしたこともバレないと考えられます。
共有持分を売却するときに必要となるのは業者の存在になりますから、最初に業者を見つけて相談をすることで悩みをスムーズに解決することが可能です。